バイク好きおくさんのツーリング日記♪ (その2)

ブログのイラストを断りなく営利目的で使用することを固くお断りいたします。FBのメッセージ等で連絡をお願いいたします。

hagukumi.png    花うさぎ.png


福島は野口英世のふるさとだよ〜!!

6月4日土曜日。

久々に天気がいいです。

この日は、ブロ友のLisaさんご夫婦が土湯の道の駅にいらっしゃる。


土湯の道の駅であれば、一人でいけるのでお迎えしようと思ってたのですが、


ダンが、

「おれもいく!」


と言い出し、仕事を休んじゃった!!


まあ、実は他に用事もあったんですが、それも不要になっちゃいまして....。


急遽、Lisaさんご夫婦お出迎え&会津ツーになりました。




そして、たのしい時間をすごしたんですが、


もったいぶって、後で書かせてもらいまっさ〜♪






実は、このとき、別のブロ友さんもここにいらっしゃった。



おお!!


そうそう〜、 安達の道の駅で.....、



ピッカピカのCB750で.......、


コメントもらって........、



「よ」で始まる4文字........、












yoshidon(よしどん)さんでした。(;´▽`A``





名前を、

思いだせないのはですね....。



年のせいじゃないんですよ.....。


昔っから、こういうやつなんです!!



クラスメートの顔と名前を覚えるのに、

半年はかかりましたので.....、


決して、




年じゃあないんです!!








(TmT)ウゥゥ・・・






この日はCBじゃなく、カブでいらっしゃったみたいで。


このときはあまり話しもできず、出発されてしまいました。



でも、なんと帰りも土湯の道の駅でばったり!!

なので、また後でご紹介をします♪






Lisaさん達と、またの再開を約束してお別れし、


土湯の道の駅をでてしばらくしたところで、




2台の黒いバイクとすれ違いました。


すると、ダンがハザードつけて停止。


ダン: 「☆タカさんじゃない?」


なんと、走り去る2台が、☆タカさんが乗ってる、BMWと、


奥様の乗るデイトナだというのです。





☆タカさんは、福島在住の夫婦ライダーで、


私がブログはじめた頃からコメントをやり取りしています。





そのうちツーをご一緒に...などとコメントしてたのですが、


なかなか機会がなく、一度もお会いしたことがありません。


これは、確認せねば!!


と、Uターン。


道の駅に戻りました。


戻ると、自販のそばにそれらしき人が、


頭をペコっとすると、





挨拶してくれました。


間違いない!!


バイクを止めて、挨拶♪

☆タカさんたちはすれ違ったときは気がつかなかったけど、


入ってくる私達のバイクをみて、気がついてくれたみたいです。


ま、CBとゼファーの組みあわせですから。


そうそういないでしょうね(^^;)








☆タカさんご夫妻♪全然にてませんけど....(^^;)





☆タカさんは、ZRXから、今年S1000RR に乗り換え。


かっこえ〜!!


峠、がんがん走りそうです。


奥様のミキさんは、去年中免をとり、バリオス

今年大型をとり、デイトナ675に乗り換えたばかり!







ご夫婦で黒のSS乗り!! いや〜、かっこいいです♪


今日は、霊山方面へいくそうです。


☆タカさん家は、S1000、デイトナバリオス、モンキーと4台のバイク持ち!

うらやましいですね〜♪



↓☆タカさんのブログです♪
http://ameblo.jp/htm991013/



しばらく話をして、道の駅をあとにしました。

いつか一緒に走れるといいですね〜♪





ぽちッお願いします(^^;)。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ




私達は、このあと、千円札にもなった野口英世の記念館へ。

猪苗代湖のある、猪苗代は、野口英世のふるさとなんです。


記念館のとなりにあるお店の中をうろうろ。


中には、製麺機もあります。







ラーメンのビュフェ??

なんと、食べ放題!?

う〜ん....そんなに食べれるかな???




お店の上は展望台になっていて、

磐梯山が見れます。

手前の大きめの建物はガラス館。

いろんなガラス製品を売ってて、見てるだけでもたのしですよ。


逆側からは、猪苗代を見ることができます。

手前の茅葺の家も、資料館になっていて


昔の農民のくらしを見ることができ、なかなかたのしいです。



今回は時間がないので野口英世記念館だけ入りました。



福島に住んでいる方は、みんな修学旅行でここにきたはず!




昔は生家がポツンとあって、


ぼろぼろの家で、貧しかったんだな〜って思ったけど、


きれいに直してあります。





清作(英世)が手を焼けどした囲炉裏。


子供の頃は左手の指がくっついてしまい、苦労したそうですが、


手が不自由なため、勉強を一生懸命し、


この手を直してもらうことで、医学の道に進み、


左手を人に見られるのをきらい、



開業医ではなく、研究の世界に入ることになります。



人生、なにが影響するかわかりません。





『志を得ざれば、再びこの地をふまず』

(医者になるまでは、ここには戻りません!!)ってとこですかね?

やっぱり、志がないと偉業は達成できないですね〜。


修学旅行で、子供たちにみてもらいたいです。


生家の隣の、展示室へ。




清作は、東京で勉強していた頃、


放蕩の限りを尽くしていたわけですが、


坪内逍遥の流行小説「当世書生気質」にでてくる、


田舎物の医学生 “野々口精作”が、


やってることも、名前もそっくりで、自分をモデルに書いた小説のよう!!


(実際は、違うみたいですよ)


そのため、名前を「清作」から「英世」に変えたそうです。




昔は、そんなこともできたのかな?




1000札もかざってありました♪





これは、英世のお母さんシカさんが英世にあてた手紙です。













そして、ちょっと前にできたのが、これ!



英世ロボット!!!

手前にあるボタンを押すと、いろんな言葉を手振りを入れながら話してくれます。


押さないときでも、瞬きしたり、ちょっと首を動かしたりしてる。




子供と一緒に、みいっちゃいました♪




あと、立って歩いてくれれば、完璧です!!





この後、おなかがすいたのでお昼を食べに行きました。









すんません〜!!


またまた話が長くなりそうなので、ここで区切ります!!








続きは明日!!



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ

ポチッお願いします♪




にほんブログ村

こちらも~!


  • バイク(全般)ランキング




  • RAIDE’Sナビへ



    いつの間にか、10,000,000越え!

    ありがとうございます!
    アクセスカウンター