バイク好きおくさんのツーリング日記♪ (その2)

ブログのイラストを断りなく営利目的で使用することを固くお断りいたします。FBのメッセージ等で連絡をお願いいたします。

YOU TUBE やってます。
チャンネル登録お願いします!↓クリック
02.png
こちらもよろしくです!!
ブログ.png ココほれ.png hagukumi.png   

今年も、ポスター描きました♪

南郷ひめさゆりバイクミーティング  カブ街ろまん
2024ひめさゆり訂.jpg カブ街ロマン2024縮小.jpg.

震災から5年を迎えて・・・。


毎年、

この日のブログは、なにを書こうか悩みます。






あの日から五年。




私の住む福島市は、内陸のほうだし、


線量が高い時期もありましたが、


原発からも離れています。






住む家を失ったり、


家族を亡くした方々、


未だに仮設で生活を送ってる方に比べれば、


私のまわりの震災の影響などは、微々たるもので、


口にするのも、申し訳ないのですが、


5年たった今、


自分の中の震災について、書かせてもらいます。







震災直後、あるラジオ番組を聞きました。




震災の前のことのようですが、


原発が誘致されたある地域で、


地元の方と電力関係者との話し合いがありました。





電力関係者に小学生の女の子が、質問をしたそうです。



「 結婚を約束した相手の親から、
 
  原発のそばに住んでるというだけで、


  結婚を反対されている人がいると聞いた。


  私は結婚できるのでしょうか?」








福島は原発と一緒に歩んできたといっても過言ではない。




原発安全神話を信じ、


私の中には恐怖、不安といったものは全くなかったのですが、


他の地域の方々は違うのだと、この時初めて感じました。







そして、第一原発の事故により、


「福島」は、この「差別」を受けつづけるのだと、思いました。




 (差別という言葉が当てはまるか、悩みましたが、いい言葉が思いつかなかったので・・・)











最初に聞こえてきたのは、


ガソリンスタンドの、「福島県ナンバーお断り」の看板。


あとは、ホテルへの宿泊拒否とか、タクシーの乗車拒否とか・・・・、






驚きました。


食べ物は仕方がないとして、人まで拒否とは・・・・。





これらの話は、


本当にあった話なのかと、疑問に感じましたが、


真偽の大小はあれ、実際にあったことのようです。







少数の方の「差別」は仕方がないと思っていましたが、


これほどとは・・・・。





自分達は世の中から、忌み、嫌われている存在なのかと、


恐怖を感じました。








その後は、県境のSAに


大量に捨てられた福島県産の食べ物、お土産品の話や、


県外に避難してた子供がいじめられた話など・・・・。






これらを聞いた頃は、驚きよりも、


やはりという思いのほうが強く、


表面には出てこないが、


同じようなことが他にもあるんだろうなと、感じていました。







有名漫画家が、


鼻血を出したことを、原発と関連づけたり、




昨年は、浜沿いの6号線の清掃ボランティアに対し、


多くの抗議が集まったり・・・。






ネットでは、


福島の人と話をしていたら、体調不良になったとの


4コマ漫画までありました(^_^;)。













こんなことを書いてる私ですが、


私の中にも、「福島への差別」に近いものがあります。







県外で、


「どちらから?」の問いに、


「福島から。」と答えることを、躊躇している自分がいます。






情けない!


なんとも、嘆かわしい!



福島で頑張ってる人達に、申し訳ない!







もしかしたら、「相手が不快に思うのでは??」と、


考えてしまいます。





これこそ、「福島への差別」!







福島の人間と話をして、どうにかなるはずもないのに・・・。




その間違った思いを正すぐらいの勢いで、


堂々と福島を名乗らなくてはいけないのに!






毎回、そう思うのですが、



「どちらから?」


の問いに、


一瞬ですが、言葉が詰まります。







5年たった、今もです。






もちろん、いままでに「福島から」と答えて、


嫌な思いなど一度も経験したことはないです。




みなさん心配してくれて、


涙がでるくらい、


あったかい気持ちになった事のほうが多いです。







でも、中には不快になる方もいるんだと思うと、


どうしても、「福島」を言葉にするのをためらう自分がでてきます。





最近では、この時ですね〜(^_^;)













それでも、私が県外に行く時はわずか。



福島をでて、避難してる人たちはどうなのか?、


「差別」を受けていないだろか?と、心配になります。





いや、もしかしたら・・・・・、


福島を忌む側に、立っているかもしれません。










震災が教えてくれたのは、自然の脅威。



知ったのは、


人間のすばらしさと、弱さ。


そして、自分の愚かさ。




学んだことは大きく、


これを無駄にすることなく、進んでいかなくては。






震災から5年目を迎え、


沿岸部や、原発のそばでは多くの問題を今でも抱えています。



私の住む町でも、


除染関連の問題がまだまだあります。








それらの問題には、なにも対応できない私ですが、


今の福島を紹介することが、


唯一の自分のできることだと考えています。






多くのライダーが、人が。


福島に足を運んでくれる。


多くの人が、福島を楽しんでいる。




福島は愛されている・・・・。









福島から避難した方々にも、


福島県人であることを自慢できるようになって欲しい。








「どちらから?」の問いに、


堂々と、


「福島から!」


と答えられるように。






そうなるまで、福島の良いところを紹介していきます。









ではでは(o・・o)/~












↓下のイラスト、押してもらえるとやる気がでます〜m(_ _)m!  




面倒でしょうが1日1回ポチっ、お願いします(^人^)♪





にほんブログ村



こっちもよろしく♪





人気ブログランキングへ  

PVアクセスランキング にほんブログ村
ポスターをかかせてもらいました♪
01.jpg 02.jpg 01.jpg 01.jpg
宮城カブ2024修正確認用.jpg ネット用.jpg